あちこち手を出す手作りさん(メインは革)


by JINJA

大曲浜慰霊祭

JINJAの3月のワークショップ予定

革小物体験
3日10:00~15:00
6日15:30~20:00
10日10:00~15:00
17日15:30~20:00
19日15:30~20:00
24日10:00~15:00
29日10:00~15:00
31日10:00~15:00

レザークラフト無料講習
3・10・24・31日10:00~15:00
17・日15:30~18:00

モール仙台長町店パート2二階Smart Angelにてお待ちしています

c0201967_21433394.jpg




東松島市の大曲浜。

津波で壊滅した地域です。約1200名の住民のうち、約270名が命を落としたそうです。まだ行方不明の方もいらっしゃいます。
満潮時には冠水してしまうようになり、もう人の住める地区ではなくなってしまいました。そのせいか、半壊した家々がそのまま放置されており、つい昨日津波が襲ったように取り残されています。
工場が多く建っていたエリアはがれき置場になっています。

そちらで釣具店を営んでいた『大曲浜つりえさ店』さん。

土台を残してきれいに持って行かれたのですが、現在は矢本にお店を再建し、がんばっていらっしゃいます。

その『大曲浜つりえさ店』さんが主宰して、『釣り愛好者による大曲浜慰霊祭』が行われました。
仙台放送が取材に来ていました


大曲浜つりえさ店』さんは、被災したにも関わらず、釣り大会などを主催して、震災後も精力的に活動されています。いつも投げ釣り用のフィンガープロテクターをご注文いただいている、大切なお得意さんでもあります。


震災後砂浜に行ったのは初めて。

以前と変わらぬ穏やかな波。

暖かく、風もほとんどないお天気の中、法要が営まれました。
c0201967_19314812.jpg

c0201967_19322468.jpg


「被災したひとも、していない人も、思うところは『釣りなんかしてイイのか』というコトだと思います。」
「残された人が楽しむことに罪悪感を感じてもなんの意味もありません。」
「釣りで生計を立てている人もいます。どんどん釣りに行ってください。」
「釣りに来て、行方不明者に関する情報を得る機会があるかもしれません。」
「自然に感謝し、足の下の草も仏であるという気持ちを忘れずにいることが大切です。」

お坊さんの言葉が一々心に響きます。




砂浜の端の方へ歩いていくと、砂の中に半分埋まったままのタンクローリー。
c0201967_1939884.jpg

『猿の惑星』をほうふつとさせる光景でした。






東松島市はまるちゃんの故郷。飼い主さんが仮設住宅に住んでいます。

なかなか面会する機会も持てない飼い主さん。今回はまるちゃんをお連れしました。
c0201967_19412320.jpg


おやつを楽しんだり、お散歩に行ったり。穏やかで優しい飼い主さん。まるちゃんに会うことで、やる気もアップ、元気もアップしてもらえれば・・・・・・と思います。

震災前はよく吠えて元気(うるさい(^_^;)?)だったそうですが、我が家に来た時にはすでにめったに吠えることのなかったまるちゃん。震災のショックでそうなったのか、年齢的なものか・・・・。
本来の飼い主さんの元に帰り、穏やかに過ごせるようになるのを楽しみにしているまるちゃんです。


おまけ

砂浜が楽しいまるちゃん。
c0201967_194872.jpg





〇毎月8日は『お薬師さんの手作り市





革雑貨JINJAでした。





Twitter Button from twitbuttons.com
Follow us on twitter Buttons

東北関東大震災 緊急支援クリック募金



アクセスランキング参加中
ポチッとお願いします
c0201967_15282697.gif


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村
SQ Life 木精占い
[PR]
by jinja-leather | 2012-03-25 19:59 | 生活

鎮魂

JINJAの3月のワークショップ予定

革小物体験
3日10:00~15:00
6日15:30~20:00
10日10:00~15:00
17日15:30~20:00
19日15:30~20:00
24日10:00~15:00
29日10:00~15:00
31日10:00~15:00

レザークラフト無料講習
3・10・24・31日10:00~15:00
17・日15:30~18:00

モール仙台長町店パート2二階Smart Angelにてお待ちしています

c0201967_21433394.jpg


明日は311ですね。

今日は310あたりまえ(^_^;)。

泉ヶ岳で『鎮魂花火』が上がりました。
その数二万発。
311で消えた一つ一つの魂の数だけ。

仙台は残念ながら曇り空で、閖上に近い我が家からは泉ヶ岳から上がる花火を肉眼で見ることは出来ませんでしたが、ずっとユーストリームの中継をPCで流していました。

午後六時から、一時間半近くずっと花火が上がり続けました。





あの日から、あの日のことを考えない日は一日もありませんでした。これからもないと思います。

被災地にありながら被災者ではない私ですら、あの日を境に世界がまったく変わってしまった。

被災者の方はいまだにあの日の混乱の中にあるのだと、そんな風に思うのです。



忙しさに追い立てられていても、意識の上にベールのように311がかぶさっている・・・・。

年月が経てば、そのベールが少しずつ薄くなっていってくれるのでしょうか。




明日は311ですね。

我が家は通常営業。

静かにそっと、その日が過ぎるのを見守ります。





〇毎月8日は『お薬師さんの手作り市





革雑貨JINJAでした。





Twitter Button from twitbuttons.com
Follow us on twitter Buttons

東北関東大震災 緊急支援クリック募金



アクセスランキング参加中
ポチッとお願いします
c0201967_15282697.gif


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村
SQ Life 木精占い
[PR]
by jinja-leather | 2012-03-10 23:52 | 生活

おめでとうが言えなくて

JINJAの1月のワークショップ予定
9・日・・・・・・・・・15時~20時革小物体験
8・14・231・28・29日・・・・・10時~15時革小物体験
14・21・28日・・・・・10時~15時レザークラフト無料体験

モール仙台長町店パート2二階one leafにてお待ちしています


c0201967_12324570.jpg




「あけましておめでとうございます」

今年はどうしてもこの言葉が正々堂々と言えなかった。


年賀状にもいつもの「A Happy New Year」が書けなかった。





「おめでとう」だの「Happy」だのという気分になれなくて。





それらの言葉を発すると罪悪感にさいなまれて・・・・。







被災地に住んでいながらほとんど被災していない我が家。

喪中のはがきも、いつもとほぼ変わらぬ枚数。





ブログでも正々堂々と新年のあいさつが出来なかった。

罪悪感隠しにAOKYとか書いたりして・・・・・。






今日もまた町内の家が一件更地になった。

長町たいはっくるの前の歩道は未だにガタガタで、立ち入り禁止のポールで仕切られている。

休日診療所だったビルも、歩道もない道路縁で廃墟のように今にも崩れそうに建っている。




津波にさらわれた地域に近づかなくても、亡くなった人の痛みを思い出させる現実が、ぐりぐり胸をえぐってくる。あなた方が我が家まで来るはずだった波を止めてくれた。






また余震が増えてきました。




これまで耐えてきた建物が、次も耐えられるとは限らない。

次に津波が来たら、さえぎってくれるものは何もない。





「おめでとう」とはやっぱり言えないです。












〇毎月8日は『お薬師さんの手作り市』(1月はお休みします)




革雑貨JINJAでした。







Twitter Button from twitbuttons.com
Follow us on twitter Buttons

東北関東大震災 緊急支援クリック募金



アクセスランキング参加中
ポチッとお願いします
c0201967_15282697.gif


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村
SQ Life 木精占い
[PR]
by jinja-leather | 2012-01-06 01:38 | 生活

地震その5


5日目(3/15)

前日行く予定だったスーパーに行けなかったので、午前中から買い物に。

天気は曇り。午後から雨だという。

これまで10時くらいに買い物に行って、まあ多少並ぶけど、お天気も良かったのでそんなに苦労はしなかった。

この日も時間は10時半くらい。昼には帰れるだろうと思っていた。



が、いつものスーパーの前を通ると、前々日の3倍くらいの長さに。ちょっと考えたけど、そこはやめて、ちょっと遠出をすることに。

自転車にメッセンジャーバッグで、のらりくらりと知っているスーパーを回る。

開いてるかな~と思って人だかりの出来ている出入り口に行くと、おじさんがお店の中に「やってないの?いつ開くの?」と聞いている。と、お店の中からちょっと若い店員さんが出てきて、「だがら~!わがんないって言ってるでしょ!」とイライラ全開でおじさんに食って掛かる。張り紙も何もないし、後から後から人ごみが増えてきて、エエ~?!と思っていると、奥から年配の店員さんが出てきてドアに「本日は閉店しました。今後の予定はわかりません」の張り紙。

そのまま自転車を走らせて幹線道路へ向かう。

途中、電気工事をしている。10人近い作業員さんたちがいて、そのうちの二人が電柱に登り、上のボックス状の機器を調整中。
「動かねえなあ」
「叩いてみろ」「蹴ってみろ」
オイオイ(^_^;)

そこにいた作業員さんの一人に声を掛ける。
「うち、〇〇地区なんですけど、今日中に電気来ますかねえ?IHなんでご飯作れなくて・・・」
「分かりませんねえ。1個1個こうやって点検中なんで・・・・。」
ま、そうだろうね。

そのまま自転車で国道4号線へ。
ナゼか信号がついてる。

大きなスーパーがある方面へ行くと、そっちの信号はついていない。
途中、お弁当のビニール袋を下げた女性とすれ違ったので、思わず声を掛ける。
「それ、どこで買いました?」
「あっちのほっともっと。やってましたよ。」
お礼を言って別れる。う~ん、お弁当もそそられるが、やっぱスーパーだな。

お目当てのスーパーは閉まっていた。

その近くの最近できたばかりのスーパーまで足を延ばす。

今度のスーパーは開いていて、しかも商品が沢山!
ただし行列も半端ない。かなり広めの駐車場をぐるりと1回転だ。

もう他のスーパーに行く気力はなく、そのままそこに並ぶ。

えんえん3時間は並んだろうか。
並んでいる間は、たまに携帯の電波が入るので、あちこち連絡をとりまくった。

千葉に住む叔母(母の妹)から、私の母と連絡が取れないとか、
やっと連絡がとれたとか・・・。

電気の通った地区の人からはカセットコンロを貸してくれるという申し出が。
ご飯持って行くよ!という方も。
本当にありがたや。

途中で雨が降り出す。
あ~あ~。放射能の雨だよ。
折り畳み傘を持っていたのでそれをさす。
ずぶ濡れのまま行列に並び続ける人も。

すごく、すごく、寒い。



ようやく順番が来て、レトルトの赤飯とか、野菜とか、お菓子とか、色々買う。
一人20点限り。十分厳選しなくては。



買ったものをメッセンジャーバッグに詰め込み、雨の中自転車で帰路に就いた。

帰宅したのは2時くらいだろうか。

腹ペコで寒くて、もう何もできない。
もうしばらくはスーパーで並ぶのは御免こうむりたい。



雨に濡れたからか、携帯の調子が悪くなった。なぜだかずっと圏外。

夕方、明朝カセットコンロを取りに行く連絡をするのに、携帯が使えず、夫の携帯でなんとか連絡をとる。




夜、8時くらいにもう寝ようかと準備をしていると、裏の家に明かりがついている。
下げていたブレーカーを上げてみるが、ウチはまだらしい。

でも、でも、もうすぐつくかも!
とうろうろしながらあっちのスイッチ、こっちのスイッチ、とやっていると、なんと電気復活!!!!
大喜びしながら早速テレビをつける。


電話回線は未通らしく、電話は使えない。インターネットも。


でも、これでご飯が炊ける。石油給湯器のスイッチが入れられて、お湯が使える。風呂に入れる!!!!

ありがたや、ありがたや。これで携帯が治れば・・・・・。



(携帯は丸3日不通状態を続け、ある日突然回復しました(^_^;))

(これで「地震」シリーズはひとまず終了。これからは前を向いて制作に精を出します!!!)


革雑貨JINJAでした。

東北関東大震災 緊急支援クリック募金



アクセスランキング参加中
ポチッとお願いします
c0201967_15282697.gif


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村
映画『レイチェル・カーソンの感性の森』公式サイト

SQ Life 木精占い
[PR]
by jinja-leather | 2011-03-30 23:39 | 生活

未だ避難所生活の方や、自宅損壊な方はもちろんのこと、

自宅で日常に戻りつつある皆さんも、そろそろ疲れが溜まってきていませんか?



私は何だかここのところ溜まった疲れたが限界にきているようで、

頭痛をだましだまし何とかやっています。

寝込むほどの痛みはないけど、スーパーに並んでいるうちに必ず頭痛に襲われ、

帰宅後薬を飲んでひと眠りしないと動けません。



知らず知らずに肩に力が入っちゃっているのか、肩こりが半端ないし身体が重くてしょうがない。(>_<)




何かあった時に「わ~~~!!」と発散できるタイプではなく、

どっちかというと何も感じなくなるタイプ。

なので、溜まっちゃってるのかな~~と感じます。



いつもはショックなことがあると爆睡してストレス回避(自然に眠くなる)するんだけど、今回は寝てる場合じゃなかったので、今頃眠くてしょうがありません。


娘はあの地震で揺れているときから早くもワンワン大泣きしたという発散タイプ。

今日も元気に学校行きました。うらやましい・・・・・。



革雑貨JINJAでした。

東北関東大震災 緊急支援クリック募金



アクセスランキング参加中
ポチッとお願いします
c0201967_15282697.gif


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村
映画『レイチェル・カーソンの感性の森』公式サイト

SQ Life 木精占い
[PR]
by jinja-leather | 2011-03-24 22:19 | 生活

被災者

今日、七郷の笹屋敷に住んでいて被災した友人が泊りに来ました。

この2月に農家としてやっていくことを決意して、無農薬有機栽培の農業を本格的に開始したところでした。

自宅は残ったものの、二階建ての一階部分は水没し、沢山の漂流物と土砂でとても住める状態ではありません。

しかし、避難所の七郷小学校は23日で閉鎖になるため、どこかへ移らなくてはならないということです。

子供が二人いるのですが、親戚の家に預け、パパとママの二人で一生懸命家を片づけています。

避難所での寝泊まりはあまりにも大変で、ここしばらくは友人の家を転々としながら、片付けをしているそうです。


パパは七郷の消防団員として、自らも被災者でありながら、地震発生からずっと行方不明者の捜索に参加して、沢山の生存者とご遺体を発見、移送してきました。

警察や自衛隊の方々は仕事として捜索をしていますが、消防団はボランティアです(少なくとも七郷ではボランティアです)。
家族を避難所や親せき宅に残したまま連日捜索を続けています。

少しずつ道路の瓦礫が撤去され、移動しやすくなってきたのと並行して、泥棒の被害が顕著になってきたそうです。
行方不明者の捜索中にも、遺体から抜き取ったと思われる財布などが道端にまとまって捨ててあったりしたそうです。遺体の身元確認に重要な身分証明などの入った財布を抜き取るため、ますます身元の確認が困難になります。

警察も通行者の身分証などをいちいち確認して、被災地の治安を守ろうとしているようですが、被災者の片づけなどの活動の妨げになっているようです。日中は消防団や自衛隊、また、被災者本人が片付けなどで現場にいるので、警察には夜間のパトロールをしてもらったほうがありがたいと言っていました。


幸運にも家族に行方不明者はいないとのことですが、農地は汚染され、大量のがれきに埋まったままで、今後どうするか大変困っています。親子4人だけであれば、思い切って他の土地に移ることもできるのですが、おばあちゃんやおっぴさんなどもおり、大切な田畑もこの地にあるため、どうしていいか分からないと言っていました。

まだ建てて間もない自宅のローンもあるし(正式な見積もりではないそうですが、地震保険では全壊で800万円、一部損壊などではその5パーセント程度の保障しか受けられないそうです。いっそ全壊してくれた方があきらめがついたと言っていました。)、地域とのつながりもあるので出来ればこの地で生きていきたい。でも、津波が怖くてもうここには住めないという気持ちもあるそうです。

汚染された田畑の再生には何年かかるか分かりません。その間の生活はどうなるのでしょうか。

全国・全世界からたくさんの寄付が送られていますが、そのお金がきちんとこうした被災者の元に届くことを切に願います。






革雑貨JINJAでした。

東北関東大震災 緊急支援クリック募金



アクセスランキング参加中
ポチッとお願いします
c0201967_15282697.gif


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村
映画『レイチェル・カーソンの感性の森』公式サイト

SQ Life 木精占い
[PR]
by jinja-leather | 2011-03-21 23:51 | 生活

雨ニモ負ケズ






革雑貨JINJAでした。

東北関東大震災 緊急支援クリック募金



アクセスランキング参加中
ポチッとお願いします
c0201967_15282697.gif


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村
映画『レイチェル・カーソンの感性の森』公式サイト

SQ Life 木精占い
[PR]
by jinja-leather | 2011-03-21 00:18 | 生活

地震その3

まずは昨日の記事の誤り部分の訂正。


一日目の夕食に夫がうどんを茹でたのは、アラジンストーブで沸かしたお湯ではなく、キャンプ用ストーブで沸かしたお湯でした。
些末な点ですが、キャンプ用ストーブは使い方にコツがあり、私にはうまく使えないのです。





ここからは三日目のお話。


この日も朝から良い天気。起きたら七時過ぎ。12時間も寝てしまった。毎晩余震で目が覚めるが、「眠れない」という感覚は無い。

自宅はログハウスだ。来たるべき「宮城県沖地震」に備えていろいろ調べ、5年前に建てた。北海道の津波の時に、被害に合いつつも躯体に損壊がなかったという記事を専門誌で読んでいた。だから余震が来てもそんなに怖いと感じない。

この安心感はとても貴重だ。これから家を建てる予定の方にはぜひお勧めしたい。



外は相変わらずきな臭い。始めは炊き出しで何か燃やしているのかと思っていたが、沿岸部の火事の煙がこの辺まで来ているらしい。


この日の朝食はヨーグルトとコーヒー。そのあとちょっとお腹がすいて何か食べたと思う。

冷たい水で前日までの食器を洗った。ゴム手袋を見つけたので、少し楽に洗える。

そのあと洗面所で洗濯。どんなに頑張って絞っても、干した洗濯物からはしずくが垂れている。脱水機の威力に今更ながら感心した。


箒で床を履く。隅の方からガラスの破片がまだ出てくる。人はスリッパなのでイイが、ユキがけがするといけないので、心配なエリアを水拭きする。




革を収納していた納戸の整理をする。
納戸の中にスチール本棚を置き、突っ張りポールとその棚にのせるようにして20~30本ほどの筒状に巻いた革を収納していた。
そのすべてが落下しており、突っ張りポール、本棚に収納していた本類と共に納戸の床に積みあがっている。
革をいったんすべて納戸の外に出し、棚に収納していたモノを収納しなおして、より強力な突っ張りポールを再度セッティングしてから革を戻した。



昼食にアラジンストーブにフライパンをのせて、ベーコンエッグを焼く。



昼食後、食器洗いを娘がやってくれた。普段は食洗機なので、食器洗いなどしたことがない娘だ。思った通りなかなかへたくそな洗いっぷり(^_^;)。それでも頑張って洗ってくれた。



お天気がいいので、今日も二人でスーパーに行ってみることにした。
昨日も思ったが、日中にこんなに人がいることがとっても不思議。
日曜日だってこんなににぎやかなことはない。


スーパーにつく前に、道路が車でひどい渋滞なのに驚く。交差点の中までぎちぎち車でいっぱいだ。ガソリンスタンドへ行く車と、買い出しの人の車で、身動きがとれないくらい。

私たちは今日もてくてくお散歩気分で買い出し。
スーパーについてみたら、前日の5倍くらいの長さの行列。驚きつつ、二人で並ぶ。やっぱり前後のおばちゃんたちと色々しゃべって、情報を交換。前のおばちゃんが「米がないのよねえ~」と言うと、その前のおばちゃんが「あら、車に乗せてあっから、持って来てけっから。」と言ってお米を持って来てあげていた。
知り合いでも何でもない、全くの赤の他人である。


2時間ほど並んで、昨日と同じように買い物をする。今日の袋の中はソーセージ・缶詰・袋ラーメン・お菓子・果物など。ジュースも売っていたけれど、我が家は水は出るのでそれは買わなかった。
食品以外にも、ライター・生理用品・歯ブラシなどを買った。


放射能のニュースをラジオで聞き、怖くなった。
娘を外に出したくないという心理。
夕方のユキの散歩は私が行った。(朝晩の散歩は娘の仕事)

地震後、初めて名取川の土手にのぼった。土手の上は沢山の人が歩いている。
閖上方面に行く人、戻ってくる人。
河川敷の畑はドロをかぶり、所々に根こそぎにされた木が倒れている。雑草なども全部川上に向かって倒れている。半壊した作業小屋がいくつか残っている。

写真を撮っている人がいる。
おばちゃんたちが、「あらららら・・・。ひどいごど~~。」と話しながら歩いている。



ユキを連れて落合観音堂の前まで行き、無事を感謝して手を合わせた。
観音堂も石灯籠が崩れ、かやぶきの屋根も被害がありそうだ。
境内は犬侵入禁止なので、奥の様子はわからない。

そのままローソンの前を通り、福祉施設を回って住宅街を通過し、帰宅した。
やはり、家屋の損壊はそんなにひどくは見えない。
庭先でバーベキュー的な様子の家もある。



生ものを優先的に消費しなければならない。冷凍食品のから揚げや、ハッシュドポテトをフライパンで加熱して夕食とする。夫が今日もキャンプ用ストーブで調理してくれた。



もともと夜型の人間である。
暗くなるとやる事が無いので、やっぱり8時には布団に入ったが、二日もたっぷり眠っているのでさすがに眠れない。うとうとしたと思ったら余震で目が覚め、そこから本当に眠れなくなってしまった。

電池がもったいないと思いつつ、雑誌や本を読む。
となりの布団で寝息を立てる娘がうらめしい。
夫は階下でソファーで寝ている。


文庫本を一冊読み切り、ようやく3時過ぎに眠りについた。




続きはまた・・・・。






革雑貨JINJAでした。

東北関東大震災 緊急支援クリック募金



アクセスランキング参加中
ポチッとお願いします
c0201967_15282697.gif


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村
映画『レイチェル・カーソンの感性の森』公式サイト

SQ Life 木精占い
[PR]
by jinja-leather | 2011-03-19 21:26 | 生活

地震その2

今回は、前回の中で忘れていたことを書きました。
時間軸がめちゃくちゃですが、思い出したことをフラッシュ的に書きます。





洗面所のシンクの中に、洗面台から落下したあらゆるものが溜まっていて、その中に割れた香水瓶が。これのせいで、家じゅうが状況にそぐわない香しい香りに満ちている。

洗面台に落下物を戻し、壊れたものや、香水を吸い込んだものはごみ箱に入れ、外に出す。手にも香りが沁みついて、何気なく水道をひねると水が出た。水道は止まっていない。軽く手を洗う。



車でラジオを聴いていると室内にいるよりも揺れを大きく感じるが、恐怖感を感じない。まるで走行中のような揺れ。少しも揺れが止まらないので、かえってその揺れが自然に感じる。ユキは車の荷台でうつらうつらし始めた。



大揺れの間、抑えた棚の中からたくさんの資材がバラバラと床にまき散らされた。ホックやスナップ類、カシメ、ハトメ・・・・。デスク上に置いていた工具類も無秩序に床に落下。

片付けの時に気づいたら、作業デスクの隣、棚の反対側にある工具収納棚の上に置いていた小型のシェルフが50センチ以上飛んで作業机の上に横倒しになっていた。揺れている最中はまったく気づいていなかった。



割れた水槽をデッキに出す。雪が降っている。水槽から漏れた水を吸ったリネン類や、食器棚から落下した絵画、救急箱、水槽の乗っていた棚の下に収納していたキャンピングストーブや七輪、クーラーボックスをテーブルの上に。

床は水浸しだ。早く拭かないと、無垢の床材に沁み込んでしまうので、そこら辺にある手ぬぐいや犬用のタオルを総動員するが、既に1時間以上経っているので、水はすっかり沁み込んでしまっている。ガラス製のテーブルは重くて一人では動かせない。そのテーブルの丸い足の下も水浸し。拭くのはあきらめた。

雪が吹き込むので掃出し窓を閉めた。








ここからは昨日の続き。


夫が帰ってきてからもしばらくは車にいた。暖房が温かく、揺れが気にならない。

ラジオの津波の報道を聞いて、「こりゃ万いったかもね・・・・。」とつぶやく。



でも、ずっとそこにいるわけにもいかない。娘とユキを置いて、室内に戻る。

夫が床に散らばったコーヒーやガラスを一か所に集めてくれた。

一緒にテーブルを動かしてその周辺にまだ落ちている水槽のガラスも片づける。



キッチンの鍋やロースターを脇に寄せ、落下したタッパーや空き瓶も隅に寄せてスペースを作る。電子レンジと真新しい炊飯器は無事だった。余震で落下するといやなので、棚の上のモノはすべて床に置く。

夫が何気に水道を出して、「水道止まってないのは奇跡だ!」と言った。



娘がユキを連れて部屋に戻った。ガソリンがもったいないのでエンジンを切る。

ユキがけがをすると危ないので、クレートに入れて戸を閉める。




夫が冷凍庫の中の食品と保冷剤を小さ目のクーラーボックスに移した。




向かいのおばちゃんがロウソクを3本持ってきてくれた。
そういえば薄暗くなりかけている。
家じゅうの懐中電灯とロウソクと乾電池を集める。

懐中電灯は3本、電池式のランタンが一個、ロウソクは全部で6個、それに乾電池は買い置きしていたのが沢山あった。


アラジンストーブをつける。
そのうえで湯を沸かす。

夫がその湯で乾麺のうどんを茹で、レトルトのカレーをかけてくれた。あったかい。


松島の実家が心配だったが、夫がすでに連絡を取っていた。
私の実家は泉区の館なので津波の心配はない。
けれど、年寄り二人で家具の下敷きになったりしていないか心配だった。

携帯は通じない。
でも、何度も何度も何度も何度もかけまくった。
そして、ようやく母の携帯に通じ、安否の確認ができた。

東京の弟にも電話は通じないので、メールをする。
千葉の叔母や義姉からメールが来る。

仕事関係の連絡もすべてメール。翌日はモールの早番の予定だったが、どうなるだろう・・・・。



電気は、ライフラインの中で一番復旧が早い。明日には復旧するかな~。などと、のんきに考えていた。



このころは余震に慣れてしまっていた。
常に揺れているので、エレベーターに乗っているような感じ。
ステンレスの食器棚の戸がガタガタいうので、「あ、今揺れてる」というのが分かる。という感じだ。それがないと揺れてるのかどうなのか分からない。


暗くなり、ラジオもないし、携帯も通じない。やることもないので7時過ぎにはベッドに入った。
娘はとっくに熟睡している。

防災放送・サイレンがひっきりなしに鳴り響いている。
「津波警報発令中。高台に避難してください。」
この辺に高台なんかない。
余震が怖い古い住宅のご近所さんは皆中学校に避難。
残された飼い犬が一晩中吠えている。


強めの余震で何度も目が覚めたが、温かい布団で休むことができた。
このありがたさを私はまだ分かってなかった。








二日目


前の晩早く寝たので起きたのも早かった。良いお天気。

起きてすぐアラジンストーブをつける。


この日の朝食に何を食べたか覚えていない。多分クッキーのようなものとヨーグルトとコーヒーではなかったかと思う。



夫は昨日借りてきた自転車に乗って会社に。

私は部屋の片づけ。



その前に食器を洗う。冷たい水で食器を洗うのは辛かった。



まだ食器棚の上にあったワインなどを床に降ろし、とにかく余震で落下物がないようにキッチンを片づける。
脱衣所や洗面所の床の化粧品や薬(昨日は隅に寄せただけだった)をかごに入れて床に置く。


シガーソケット用のコンセントタップを探し出し、車で携帯の充電をする。外はきな臭い。


娘は自分の勉強道具を片づけた。


昼食にアラジンストーブの上でホットケーキを焼く。
とても時間がかかったが、美味しく焼けた。



冷蔵庫の中のモノを冷凍庫に移す。冷凍庫には保冷剤がまだ溶けずに入っていて、そこそこひんやりしている。冷蔵庫から卵や納豆、豆腐、ベーコン、牛乳、野菜ジュース、ケチャップ類などを、野菜室から野菜を移す。


とってもお天気がいいので、娘と二人で買い物に行ってみることにした。
c0201967_23263045.jpg

土曜日の温かい昼下がり。二人でのんびりスーパーに。
c0201967_23253138.jpg

ついてみると、長蛇の列(といっても、今思えばたいした行列ではなかった)。ひとまず最後尾に並ぶ。
前後のおばちゃんと情報交換。水道はいつ止まるか分からないから水を貯めておけとのこと。

余震が続いていて、皆怖い怖いと言っている。
相変わらず焦げ臭く、ヘリコプターが飛び回っている。救急車や消防車の音も途絶える事が無い。
c0201967_2325588.jpg

一袋千円お一人様一袋限りの食品詰め合わせ。娘と二人で行ったので二袋買えた。
中身はカップラーメン、クッキーなどのお菓子、果物など・・・。

帰宅後、プラケースに食品を収納する。大事な食糧だ。
それから風呂を洗って水を貯めた。家じゅうの鍋ややかんにも全部水を入れる。

夫が車で帰ってくる。この車にはTVがついているので、早速携帯の充電をしながらTVを見る。ここで初めて大津波の映像を見た。というか、見てしまった。

ナニコレ・・・・・。

映画みたい。現実感がない。どこのハナシ?





家に入ると夫がキャンプ用ストーブを使って、溶けた冷凍ごはんで雑炊を作っていた。

「うちのお父さんは頼りになるね。美味しいね。」と言いながら娘と食べる。


続いて、キャンプ用ストーブとアラジンストーブを使って大量に湯を沸かし、娘と私の顔と髪を洗った。

この日も7時過ぎにはベッドに入った。
昨晩よりは余震が減っている。ぐっすり眠れた。




またまた続く・・・・・。



革雑貨JINJAでした。

東北関東大震災 緊急支援クリック募金



アクセスランキング参加中
ポチッとお願いします
c0201967_15282697.gif


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村
映画『レイチェル・カーソンの感性の森』公式サイト

SQ Life 木精占い
[PR]
by jinja-leather | 2011-03-18 23:28 | 生活

色即是空

焦らない。

怒らない。

受け入れがたい事が続いています。

けれど、すべて受け入れるしかありません。

我慢ではありません。

あきらめるのでもありません。



じたばたしましょう。

考えましょう。

悩みましょう。

苦しみましょう。

笑いましょう。

楽しみましょう。

吐き出しましょう。

泣きましょう。

感謝しましょう。




災害は人を大きくしてくれます。

すべてに意味があるように思えます。

けれど、全く意味などないようにも思えます。。



自分に言い聞かせます。

『色即是空』



合掌







革雑貨JINJAでした。

東北関東大震災 緊急支援クリック募金



アクセスランキング参加中
ポチッとお願いします
c0201967_15282697.gif


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村
映画『レイチェル・カーソンの感性の森』公式サイト

SQ Life 木精占い
[PR]
by jinja-leather | 2011-03-18 12:54 | 生活